ネットバンクキャンペーン特集

2012年、冬に行われている預金キャンペーンはこちら!

銀行 詳細
【住信SBIネット銀行】
円定期預金特別金利キャンペーンを実施中!
「6ヶ月もの年0.27%」「1年もの年0.30%」
新規口座開設+円定期預金でもれなく現金プレゼント。
【ジャパンネット銀行】
冬のボーナスキャンペーンを実施中!
口座開設、入金、定期預金の方に抽選でプレゼント。
【新生銀行】
冬の円定期キャンペーン実施中!
「2年もの年0.30%」「3年もの年0.40%」「5年もの年0.50%」
ネットの申込みなら1口100万円から。

これだけ差がある銀行の預金金利

銀行の金融商品でもっとも利用されている預金ですが、低金利の普通預金では数百万円を預金していたところで金利は一年に数百円程度にしかなりません。

それこそ時間外に一度ATMを使用してお金を引き出せば、105円~210円の手数料を取られ、一年間の利息がなくなってしまうということもあるのです。

定期預金で見てみると、メガバンクやネット銀行によって金利の格差がずいぶんあることに気がつきます。インフレのリスクを考えて、なくべく短い期間で満期になる1年ものを比べてみると、約10 倍以上の金利差があります。

それぞれの銀行でに多少の格差はあるものの、圧倒的に高い金利がつくのがインターネット銀行なのです。大手都市銀行と比べても100万円の預金で一年間の利息分の差額が数千円くらいになることもあります。

大手都市銀行に比べて不安と思われるなら預金保険の効く1,000万円までの預金を分散して預金するとよいでしょう。現在のネットバンクはセキュリティーも高く、資産の保全を重視して少しでも高い利息を望むならネット銀行の定期預金を検討すべきでしょう。

夏や冬のボーナスシーズンには、多くのネットバンクで特別金利キャンペーンを行っています。各ネットバンクの口座開設には多少の時間がかかります。前年のキャンペーンの情報を見ながら、あらかじめ口座を開設しておくことをオススメします。

好金利の預金商品を選ぶ

預金商品は現在、各金融機関で独自性があり多様なラインナップとなっています。
住信SBIネット銀行でも、多様な金融商品を選ぶことが可能です。

例えば仕組み預金「プレーオフ」という預金商品。満期日を選べないという点はありますが、円定期預金よりも好金利です。
特徴として、金融機関の判断により満期日が延長される可能性がある代わりに金利条件が良いという円預金です。満期日まで待つと、元本が保証され、また預金補償制度の対象でもあります。

もう一つ「コイントス」という預金商品も見逃せません。
元本通貨変動型円仕組預金であり、円貨で預け入れを行い、満期時の元本の受取が特約により円貨もしくは外貨のいずれかとなり、満期時の元本通貨が変動する預金商品です。

今、各金融業者があらゆる預金商品を売り込んでいます。
特に中途解約時において市場の情勢により大きく元本割れをすることもありますので、よく金融機関の説明を聞いた上で利用することが絶対です。
せっかくのあなたの資産、大切にしましょう。

このページの先頭へ